これがモネの池!
最近テレビでも取り上げられるようになった、岐阜県関市の「モネの池」。
場所は、
根道神社 (〒501-2901 岐阜県関市板取396番地)の鳥居のすぐ脇にあります。
  ※岐阜県関市板取448番地 ⇒ 岐阜県関市板取396番地
たくさんの車が駐車していますので、神社の場所はすぐに分かると思います。

行ってみたら、この人だかり。


確かにすごい人でした。
でも、でも「ただの池でしょ」と思いながら覗いてみました。
すると!!


この写真、どこかの美術館の展示品ではありません。実在する池なんです。この池では鯉が悠々と泳いでいます。

単に水が透明なのではなく、うっすら緑かかっており、また青みを帯びており、幻想的!
都会の生活に疲れた人は、ちょっと時間をかけてでも来てみるといいかなと。


アクセス
▶公共交通機関(バスしかありません)の場合
(1)JR岐阜駅発の岐阜バス「岐阜板取線」乗車終点「洞戸栗原車庫」へ(ここまで約70分)
(2)洞戸栗原車庫発の板取ふれあいバスに乗車、「白谷観音前」を下車(ここまで約10分)
(3)白谷観音前から、バスの進行方向とは反対の方向に徒歩5分で到着。

 ※
バス時刻表
 ※白谷観音前からの地図


▶マイカーの場合
 〒501-2901 岐阜県関市板取448番地396番地
でカーナビ設定しましょう。
    名古屋方面からですと、名神高速道路から東海北陸自動車道に入り、「関IC」を降りて車で約60分くらいです。上のマップも参考にしてください。


モネの池を見た後に行ってみましょう
モネの池の周辺には、お店がほとんどありません。これ注意!
歩いていけるお店は2つくらいです。

▶喫茶店「
風土や
 モネの池の駐車場のすぐそばにあります。ここで一服が無難ですね♪

▶生ハム「
BON DABON(ボンダボン) 」(〒501-2808 岐阜県関市洞戸高見2238-4)
 日本人唯一のパルマハム職人多田昌豊さんが、ここで生ハムを造っています。これ絶品!
 モネの池から徒歩13分。上の地図を下へ2㎝くらい移動させていくと名前がでてきますよ。
 ただ、飲食店ではないので、その場で食べることはできません。
image image