先日の日記にも書いた、日本人唯一のパルマハム職人多田昌豊さんが造る生ハムのペルシュウ。
時々、「どこに行けば食べられるのですか?」という質問をいただきますので、私なりにお応えします。

まず、多田さんが経営するBON DABONに直接注文する方法があります。私はいつもこの方法。なぜなら、多田さんとトークできるからです!! 豚の腿肉に塩を振って、あとは2年以上熟成させる「パルマハム製法」は、職人としとの経験値が重要となります。その職人が日本人でたった一人。多田昌豊さんしかいないんですよ!これはトークしない手はないでしょうね。

それ以外にペルシュウを食べる方法としては、ペルシュウ取扱店に行って食べる方法でしょうか。
そこで、ちょっと古いのですが、"ペルシュウお取扱い店舗のご案内"を載せてみます。
※現在は取扱いしていない店舗もあるかもしれません。


image
 


どのお店も、個性的で、強いこだわりを持つお店ばかりですよ。