こんにちは、あっきーです
岐阜県が誇る人気の観光スポット「付知峡(つけちきょう)」(岐阜県中津川市付知町)。ここは、木曽川の支流で御嶽山の南麓を源流とする渓谷で、その壮大な自然は「森林浴の森日本100選」に選ばれるほど。また紅葉も綺麗で「飛騨・美濃紅葉33選」に選ばれています。
秋の付知峡が、めっちゃ綺麗なんですよー
まだ秋の付知峡に行っていない方は、必見!紅葉は見頃を迎えていますが、11月中なら、まだ間に合いますよー

では、行ってみましょう。

名古屋から2時間

付知峡は、岐阜県中津川市に位置しています。名古屋から約100キロ。車で行くと高速道路を活用して約2時間。活用しないと2時間30分位かかります。ただ、下道で行く道中も情緒あふれる光景や道の駅がありますので、30分くらい余分にかけても下道で行きたいですね。
付知峡は、渓谷ですので、坂道であったり、山道であったり、吊り橋であったりしますので、ハイヒールよりはスニーカーで行った方が安心です。


付知峡

付知峡に行くなら、食事も兼ねて、お食事処「
岩魚の里 峡 (いわなのさと はざま)」に向かい、付知川へ続く吊り橋を渡って観光することをオススメしますよ。
場所は、岐阜県中津川市付知町258-15です。
image
駐車場付近では、このような紅葉がお出迎え
image
駐車場に車を停めると、このように紅葉に包まれた看板が現れます。
そして、脇道(山道)を降りていくこと1分足らずで・・・
image
吊り橋「やじろ橋」この吊り橋は「3人以上では渡らないように」と注意書きされています少し揺れますので、お子様連れの方は注意して渡ってくださいね。
ちなみに写真の左に見える建物が、お食事処「岩魚の里 峡 (いわなのさと はざま)」です。名称の通り、岩魚料理で有名なお店です。

では、ここで見た付知峡を【夏】【秋】を比較して見てみましょう。
吊り橋から撮った写真です。
image
【夏】緑の木々に包まれた付知川。透き通っていますね

image
【秋】ガラっと変わり哀愁を感じますよね。川は透き通ってます

吊り橋を渡って、川の方に降りてみましょう。
image
【夏】わわわ透き通てるだけでなく、水がエメラルドグリーン夏なら泳いでみたくなりますね。
image
【秋】川の色は変わらず美しいですね。
付知川は「青川」の異名を取るほど澄み切った清流で知られています。
では、秋の付知峡に戻りましょう。
image
ちょっとアングルを変えてみました。付知峡は渓谷ですので、川の流れは速いです。
どうですか。たった1カ所で、いろいろな表情を見せてくれますよね

岩魚の里 峡で食事をして、駐車場に戻り、すぐそばにある橋から眺めてみました。
image
秋から冬に移り行く風景といったところでしょうか

不動滝

もっともっと紅葉を見たい!
ありますよ!岩魚の里峡から1.5キロ離れた場所にある「不動滝」へGO!
image
駐車場は広いですね。ここに車を停めて、歩いて不動の滝公園を散策します。
image
ここは、あちこちで紅葉を観賞できることで有名なスポットなんです
image
この時期は、紅葉のじゅうたんが敷きつめられていますよ
image
こちらが不動の滝ですゴー――という水の音が凄いんですよ。
image
こちらは、別の滝です。やはり水がエメラルドグリーンで綺麗ですね。絶景
image
吊り橋も何カ所かありますよ。
image
どうですか。癒されますよね
image
こちらはお食事処「ひろつぎ」です。夏がメインでしょうか、「流しそーめん」と大きく書かれていますね(笑)
image
不動滝ですと、1時間くらいかけて紅葉狩り散策ができます。

アクセス
【1】付知峡
住所:岐阜県中津川市付知町上大起


【2】岩魚の里 峡
住所:
岐阜県中津川市付知町258-15


【3】不動滝
住所:岐阜県中津川市付知