11月12日の岐阜新聞朝刊に、中小企業支援機関「関市ビジネス支援機構」の設立に関する記事が掲載されていました。そして、来年度には産業支援拠点として「関市ビジネスサポートセンターSeki-Biz」をオープンすると。
image

この支援機関は、関市が、"行列のできる経営相談所として"全国から注目されている産業支援機関であるf-Biz(静岡県富士市)センター長の小出宗昭氏、そして OKa-Biz (愛知県岡崎市)センター長の秋元祥治氏、同副センター長の髙嶋舞氏と密に連携して実現させようとしている"関市の重要施策"の超目玉機関です。

ちなみに、f-BizとOKa-Bizでの経営相談は、予約で1ヶ月かそれ以上待ちなんですって! 
ウソじゃないですホントです。
今までの支援機関とは明らかに違いますよね。
なぜそんなに人気なの?それは
①事業者様の誰もが理想としている「売上アップのために!」、
②教科書的な方法論ではなく実践的な「成果を出せるアイデア!」を、
③事業者様が「やってみよう!」「私にもできそうだ!」と思わせるエネルギーを添えて提供してくれる、
"真に事業者様に寄り添った"支援機関だからです。 

このモデルで今年立ち上がったのが、熊本県天草市を拠点とするAma-biZ(アマビズ)です。ここも予想をはるかに上回る相談件数なんです!そういえば、アマビズのセンター長と副センター長は、公募で決まりましたね。センター長は年収1200万円ていうのも話題になりましたよね。
※Seki-Bizのセンター長の公募は、1月8日(金)までです!!詳しくは、関市のHPでご確認ください。

Seki-Bizも、このモデルを踏襲した拠点になります。そう、関市にできるんです!
事業者のみなさーん、朗報ですよー!