こんにちは、あっきーです

岐阜県関市では、モネの池(もねのいけ:岐阜県関市板取396番地)が人気の観光スポットとなっています。
モネの池に、4月上旬~中旬にマイカーで贅沢に観光したい方は、関市の桜の名所の一つ『寺尾ヶ原千本桜公園(てらおがはらせんぼんざくらこうえん)』とセットで観賞することをオススメします寺尾ヶ原千本桜公園は、4月になると、約2000本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所。また、モネの池に行く途中に立ち寄る感覚で行けますよー
この時期しか見られない、期間限定の贅沢観光になりますよ。 

では行ってみましょう

寺尾ヶ原千本桜公園の場所

寺尾ヶ原千本桜公園の場所は、岐阜県関市武芸川町谷口字寺尾となります。カーナビ設定は「寺尾ヶ原千本桜」。これで検索されない場合は、「千本桜茶屋(せんぼんざくらちゃや):関市武芸川町谷口2035-999」にナビ設定してもOKです。

名古屋や大阪方面からマイカーで行かれる方は、東海環状自動車道の「関広見インターチェンジ」から約20分。または、東海北陸自動車道の「美濃インターチェンジ」から約20分の場所にあります。
高速道路から降りるインターは、実はモネの池(関市板取396番地)に行く場合と全く同じなんです

では行ってみましょう
今回は、東海環状自動車道から行くルートで説明しますね。

寺尾ヶ原千本桜公園への行き方

①関広見インターチェンジ出発
東海環状自動車道の「関広見インターチェンジ」を降りて、料金所を通過した後の信号を右折して国道418号線を走ります。ここから寺尾ヶ原千本桜公園まで約11キロ。車で約20分。

②長野建設が目印の交差点を右折
10分ほどマイカーを走らせていくと、県道59号線との交差点があります。近くに「長野建設株式会社」名前がドーンと見えます。その交差点を右折して県道59号線を走ります。寺尾ヶ原千本桜公園まであと6キロ。あと10分で到着します。

③ひたすら道なり
県道59号線を道なりに進んでいきましょう。途中、やや狭い道を通りますので、運転には注意して走行してくださいね
ちなみに、6分ほど走りますと、
image
さくら街道」の標識が現れます。
image
ここから寺尾ヶ原千本桜公園となるんですね
image
関市寺尾に入りました。4月2日に行きましたが、この日の桜はまだつぼみの状態でした。
それでも、4月上旬~中旬には満開を迎えて綺麗な風景を拝めます。
ではさらに進めていきます。

寺尾ヶ原千本桜公園

image
駐車場付近には「千本桜茶屋」など、茶店(※まだ準備中でしたが)があります。
image
もう1~2週間すれば、まさに「さくら街道」となるでしょう
ちなみに、満開になるとこのような感じになります。
 
(写真:じゃらんより)

image
売店の案内看板です。

桜見橋から見る桜

image
駐車場から、来た方向へ歩いて3分ほど戻ると、桜見橋が見えてきます。
ここでの桜観賞もオススメです
image
え~っと、まだ早かったので木しか映っていませんが、満開になると綺麗ですよ。
この日は「ホ~ホケキョ」とホトトギスが鳴いており、いい雰囲気でした


モネの池へGO

寺尾ヶ原千本桜公園の駐車場からモネの池までは約14キロあり約20分かかります。カーナビ設定は住所で「関市板取396番地」設定するのが確実です。いろいろなサイトやブログで出ている住所の関市板取下根道上448番地では到着しません。ご注意ください。
では出発しましょう。

駐車場を右折(来た方向と逆の方向へ)して、洞戸方面へマイカーを走らせます。
途中、さくら街道の余韻に浸りながら行きましょう。

円空キウイ街道へ
5分ほど走ると、標識が現れます。
image
この標識にしたがって「板取・洞戸」方面に左折してください。
image
すると「円空キウイ街道」に入ります。
しばらく走ると、T字路に突き当たります。それを左折して県道81号線に入ってください。ここからモネの池まであと11キロ。約15分。
(ちなみに、右折すると「洞戸観光ヤナ」があります。)

関市洞戸事務所前の交差点を右折
しばらく道なりに走っていきますと、「関市洞戸事務所前」の交差点にさしかかります。この交差点を右折してください。モネの池まであと8キロ。約10分で到着します。

モネの池(もねのいけ)駐車場

image
この看板が見えると、モネの池(岐阜県関市板取396番地)の駐車場に到着です。
ちなみに「モネの池」は通称名で、ホントは根道神社(ねみちじんじゃ)の脇にある「名もなき池」なんですー。

モネの池(もねのいけ)

image
この日もたくさんの観光客でにぎわっていますよー。空も綺麗
image
これ池なんですよー
しかもスマホで撮った写真なんですよーなんだかプロの写真みたいです
image
4月は中旬まで、池に入る湧き水の量が少ない時期となるため、モネの池は少し濁っています。
はい、これでも濁っているんです。
4月中旬以降は、湧き水の量が増えて、一層澄んだモネの池を楽しめます。


ここからは「春・夏にモネの池に行く人は必見!」から一部引用しています。モネの池について、周辺の観光スポットについて、雑誌には載っていないグルメスポットなどを、詳しく載せていますので、見てみてください。



モネの池は絶景!

image
 水の中を鯉が悠々と泳いでいる光景を携帯でパチリ。
橋も収まるこのアングルが一番好きかなぁ。橋が水面に映っているのが分かりますね。
あ、これ絵画ではありませんよ。携帯で撮った写真ですよ!

image
橋を正面に立ち、左に45度くらい向いて撮影した写真です。
ちょっと向きを変えただけで、モネの池の雰囲気が変わりますよ。
image 

根道神社(ねみちじんじゃ)

モネの池を観たら、根道神社に行ってみましょう。

image
鳥居をくぐって、石段を昇ると・・・
image
根道神社の狛犬。太陽がまぶしいのでしょうか。ていうか、よーーーく見ると、右手のところに子供の狛犬が見えます。
これって全国的にも珍しいんですって。見ておきましょ


寄ってみましょ① 板取観光案内所

モネの池から歩いて5秒。ビニールハウス風の建物がドーンとあります。もともとは
「フラワーパーク板取」 として運営していましたが、モネの池への観光客が爆発的に増えたことを受けて、一部を「板取観光案内所」にしたんです。                                       
image


モネの池のおみやげイチオシ
レジの前には、モネの池のおみやげを販売してました。
image
"名もなき池の美術館"てお菓子。オシャレなパッケージです。
後で、板取川温泉で詳しく紹介しますが、このクッキーは"やさしい商品"なんですよー

オリジナル絵はがき付きのクランチチョコレート

image
5種類の絵はがきのうち1枚が入っているんですよ。
季節によって付いてくる絵はがきが変わっていく予定とか。
モネの池に行ったら、おみやげはこれで決まりですね。

さてさて、板取観光案内所の話題に戻ります。

image
ここには、板取あるいは武芸川の観光マップがあります。
モネの池を見た後どうしようか迷っていたら、ここでマップをゲットです。


ちなみに観光案内所の隣りにあるフラワーパークでは、こんなお花がありますよー
image
これらのお花は、全て販売しています。

寄ってみましょ② 絶景!板取川

モネの池を見て、写真を撮ったら、もう帰るの?いや、ダメですよ!まだまだ見どころ満載です。
駐車場に掛かっている橋を渡りながら、左右を見てみて。
はい、これ。橋から見た板取川です。

image
板取川って、水の透明度めちゃくちゃ高いですよ。しかも空気も澄んでいて、ホント綺麗

さてさて、少しお腹が空いてきたんじゃないですか。
そこで、モネの池周辺にある飲食店を少し紹介します。


寄ってみましょ③ 雑誌にはない喫茶店

モネの池から関市方面(板取川温泉とは反対)へ1km。車で2分。喫茶店「たくみ」(岐阜県関市
洞戸高見1844-1)です。ここでモーニングはいかがですか。店主の椙田さん夫妻が自家栽培した野菜や果物にこだわったモーニングを提供してくれます。このお店は、地元の住民に愛されています。席数は6席!平日は地元客で満席状態となります。逆に、休日は地元の人たちも遠慮してくださっていますので、行ってみてください。私は好きですね。雑誌や観光案内にも載っていない穴場です。あまり紹介したくないですが(笑)
image
ログハウス調の造りです。
image
店内はこのような感じ。昭和を感じさせる雰囲気です。
image
コーヒー400円に、ドーンとモーニング(パン・サラダ・フルーツ)がサービスで付いてきます!コーヒーを味わいながら、店主の椙田さんと会話するのもいいですよ。
※ここは14時くらいで終了します。ご注意くださいね。

寄ってみましょ④ 絶景を見ながら食事

モネの池から板取川温泉方面へ車で5分。 徳兵衛茶屋(岐阜県関市板取5822-1)。
青い看板が目印です。

image
お店の外観はこんな感じです。古民家風のお店ですね。
image
ここでは、板取川の絶景を見ながらアユ料理などの川魚料理やうなぎ料理を堪能できます。

私は「あまご朴葉焼き定食」を食べました。火鉢もついてて、あまごに自家製味噌のかかったアツアツの朴葉焼きを食べれますよ。
image
ちょっと焦げ目のついた香ばしい味噌と魚が絶妙
贅沢ですね…いやいや、まだまだ。
料理だけでも満足できますが、徳兵衛茶屋では、もう一つ贅沢があります。

お店の窓から外を見ると・・・
 
じゃじゃーん板取川の絶景こんな景色を間近で見ながらの食事。ぜいたくー
こんな絶景を見ることができる席は少ないので、11時の開店時間に行かれることをオススメします。

寄ってみましょ⑤ 関市板取で唯一のケーキ屋

モネの池を見て、ちょっとスイーツでもと思った方へのオススメ。関市板取で唯一のケーキ喫茶「niwa」(関市板取1691-1)へ行ってケーキセットなんてどうでしょうか。


この人が店長の長屋美香さんです。とても可愛らしいのですが、強い信念のもと、あるこだわりのケーキを作り上げているんですよ。
image
新作のサンマルク!カスタードムースとチョコムースをチョコのスポンジケーキではさんでいます。さらに、上のチョコスポンジ生地の表面はキャラメリゼされておりパリッとした食感を楽しめます。
image
サンマルク美味しいですよ

これ、完全オーダーメイドのバースデーケーキの写真なんです。

バースデーケーキの写真がいっぱい!お客様の要望に応えてオール手作り!
世界にひとつだけのケーキですね。
このお店に興味のある方は、
こちらを見てね。

http://yokoyama.blog.jp/archives/11109529.html


寄ってみましょ⑥ 21世紀の森公園

ケーキ屋「niwa」から北へ車で約5分。モネの池から北へ走り唯一の信号を過ぎると間もなく見えてきます。
この標識が見えたら右折。すると、「21世紀の森公園」(岐阜県関市板取2340-5)に到着です。

image
ここは、実はアジサイで有名な公園なんです。6月下旬~7月上旬にかけて咲きほこるアジサイは圧巻ですよ。6月下旬には「関市板取あじさいまつり」が開催されます。相当混雑しますが、それでも見る価値アリアリです!モネの池とアジサイをWで見るのがオススメです。

寄ってみましょ⑦ 自然の威厳「株杉」

この公園内には、全国でも珍しい「巨大な株杉」が生息しています。情報誌「じゃらん」にも紹介されています。
image
どどーん!! これが株杉!
杉の株の上に、杉の木が何本も伸びています。ナニこれ珍百景なみですよ。
モネの池とはガラッと雰囲気が変わり、自然の威厳すら感じますね。

image
この株杉は、なんだか天に昇る昇龍のようにも見えますよね。

ちなみに・・・
image
鈴木ちなみ&濱口優(よゐこ)がMCを務める東海地方の情報番組「デルサタ」でも、株杉が紹介されました。

寄ってみましょ⑧ 板取川温泉

目で満足して、お腹も満足したら、体もリフレッシュしませんか

ということで、板取川温泉へGO!
image
モネの池から国道256号線を北へ車で約20分。この看板が見えたら左折。
板取川温泉に到着です。
image
山に囲まれていて、空気も気持ちいいですよ。都会では味わえませんね。
板取川温泉は、温泉施設のほか、レストラン、お土産売り場、トイレもあります。
あ、温泉は朝10時からですよ。

image
お土産売り場。

image
このお土産ね、1箱750円(税込)ですが、実はその2%がモネの池の維持管理として寄付される商品なんです。モネの池は、車を停めるのもタダ、見るのもタダですが、スタッフの方々が毎日池を管理しているんです。750円の2%は15円。15円で、あなたもモネの池もハッピーになれる"優しい"商品
image
中には、クッキーが4種類で合計12個入っています。ココア味に、プレーン、ストロベリー、そして抹茶
私は、ストロベリー味がお気に入りです。ストロベリーのつぶつぶが入って入れ甘酸っぱいんです。
まいうー

寄ってみましょ⑨ 川浦渓谷(かおれけいこく)

板取川温泉から北へ4km。車で約10分。川浦(かおれ)渓谷に到着!
では渓谷へ行ってみましょう。

渓谷を流れる水の音とウグイスの鳴き声のハーモニー。癒されますよ

再びモネの池

再びモネの池に戻ってきました。
せっかくなんで、もう一度みてみましょう。

image
「プラチナ色」の鯉ですよ。
image 
こちらは「ゴールド色」の鯉ですよ。光ってますねー

とどめは・・・
こちらに向かって泳いでいる鯉・・・
  image
鯉の額の模様が・・・

❤ハート模様の鯉

image
この鯉の顔に注目!ハートハートこの鯉を撮影できたら、幸せになれるかも
と思ったら、さらに見つけました

V字模様の鯉
来ました来ました!
image
よーく見ると、鯉の額の模様が【V】の字の模様になっているんです
image
V字の鯉を見たら、なんだか気分もV字上昇
ハート模様の鯉にV字模様の鯉。
モネの池に来たら、ハートマークとV字マークの鯉を見て縁起かつぎしましょう

寄ってみましょ⑩ 絶品の生ハム!

ここで、どの情報誌やグルメ雑誌にも載ってないお店を紹介します。モネの池から南へ車で2分戻ります。喫茶店「たくみ」の手前にあります。徒歩ですと駐車場から12分。ここに絶品の生ハムがありますよ。その名は「
BON DABON(ボンダボン) 」(〒501-2808 岐阜県関市洞戸高見2238-4)。私のお友達で日本人唯一のパルマハム職人多田昌豊さんが、ここで生ハムを造っています。商品名「ペルシュウ」。これ絶品!日本で(いやアジアで)たった1人しかできないんですから!ただ、飲食店ではないので、ガッツリ食事はできません。
※販売は予約制となっていますので、行かれる予定の方は必ず予約を
(電話:0581-58-8150)

image
image
image
この生ハムは、なんと約40ヶ月熟成のビンテージものです!長期の熟成にもかかわらず、透き通るようなピンク色で、艶々していています食べるととろけ、芳醇な味わいで絶品
image
こちらは約24ヶ月熟成ものです。バケットにのせて食べても美味しいですよ。
※販売は予約制となっていますので、行かれる予定の方は必ず予約を
(電話:0581-58-8150)
                                                                                                  

家へ帰るとモネの池の魅力が倍増!

家に帰ったら、モネの池の写真を見てみましょう!モネの池は、実際に目で見る楽しさもありますが、実は写真で見ると、まるで芸術作品のようなタッチに見えるんですよ。これは他の風景写真とは全く違いますね。
image
モネの池は、単に透き通った池ではないです。本当の魅力が分かるのは、家に帰った後です。
ぜひ、"あなただけのモネの池"を見つけてください

※↓↓モネの池周辺のオススメ飲食店特集はこちら↓↓
http://yokoyama.blog.jp/archives/6384276.html 

※↓↓秋のモネの池はこちら↓↓ ※超穴場スポットあり!
http://yokoyama.blog.jp/archives/10847593.html

※↓↓冬のモネの池はこちら↓↓
http://yokoyama.blog.jp/archives/2428669.html

モネの池周辺へのアクセス

▶車でおでかけの場合
(1)大阪、名古屋、東京方面からお越しの場合
・東海北陸自動車道の「関IC」を出て約50分。
・東海環状自動車道の「関広見IC」を出て約40分。
(2)北陸方面からお越しの場合
・東海北陸自動車道の「美濃IC」を出て約40分。

▶公共交通機関(バスしかありません)でおでかけの場合
(1)JR岐阜駅発の岐阜バス「岐阜板取線」乗車、終点「洞戸キウイプラザ」へ(ここまで約70分) 
(2)洞戸キウイプラザ発の板取ふれあいバスに乗車、「あじさい園前」を下車(ここまで約16分)
(3)あじさい園前から、徒歩1分で到着。
 ※ 板取ふれあいバス時刻表【平日用】 29.4.1改正
 ※ 板取ふれあいバス時刻表【土日祝日用】 29.4.1改正