こんにちは、あっきーです

東海地方では、5月から6月にかけて、各地でバラの見頃を迎えています。私のイチオシは、岐阜県にある花フェスタ記念公園(岐阜県可児市瀬田1584-1)の薔薇です。

花フェスタのオススメポイント

オススメ①
何がスゴイって、バラの数が約30000株品種は約7000種類
週末は、お昼頃から大混雑します。駐車場周辺は渋滞します。ゆっくりバラを見るなら、午前中に到着したいですね。

オススメ②
薔薇には人を癒してくれる香りがあります。見て楽しむことに加えて、個々の薔薇によって変化する香りを楽しみましょう。

オススメ③
期間限定ですが、夜ライトアップされて、ナイトローズを見ることができます。昼とは別の顔を見せる薔薇たちは必見ですよ

では、行ってみましょう。

場所

花フェスタ記念公園は、岐阜県可児市瀬田1584-1に位置しています。
①車ですと、東海環状自動車道の「可児御嵩インターチェンジ」を下りて、車で約5分で到着します。
②電車ですと、名鉄広見線の「新可児駅」またはJR太田線の「可児駅」から、バスで約10分で到着します。

エレガントな薔薇たち

それでは、登場してもらいましょう。花フェスタの薔薇たちです
image
バラのアーチ赤いバラが情熱を感じさせてくれますね。
image
続いて、ピーンと一直線に白いバラ。清楚な印象を受けました。
image
ワインレッドの薔薇と青い空と白い雲
image
ピンクの薔薇から見上げた青空はいかがですか

バラのテーマガーデン

続いて「バラのテーマガーデン」に行きましょう。
まずは、上から見た光景です。
image
じゃじゃーんバラが咲き乱れています!フレームに収まりきれませーん
image
様々な薔薇たちが咲き誇っていますよ。
image
薔薇
image
バラの香りがすごいんですよ。これだけバラが咲いていますと、バラの香りも強くなり、癒されますよ~
image
このようなアーチ状に咲いているバラも
image
白いバラ花びら1枚1枚がしなやかでエレガント。
image
淡いピンクのバラ
image
1つの茎からこんなに色の異なるバラも咲いていましたよ。

さらに
image
青と白の清楚な空間のなか
image
薔薇の宝石箱ですね。

夕方の薔薇
夕暮れとなり、ライトアップされる前。
image
あちこちで色とりどりの薔薇が私たちを迎えてくれています。
image
大道芸やプチ演奏などもやっていますよ
image
夕陽の映える薔薇🌹

ナイトローズ

花フェスタ記念公園の「春のバラまつり」は、6月18日(日)まで開催してます。
なお、6月3日(土)・10日(土)は、「ナイトローズガーデン2017」として、20時30分まで開園時間を延長していますよ。

では、ここからは昼の薔薇とは表情を変えた、ナイトローズをドドーンといっちゃいます
image
まずは上から見たナイトローズガーデンです
image
バラがライトアップされて映えていますね
image
昼とは違う表情の薔薇たち
image
魅惑のバラ🌹
image
白いバラの上に小さく光る点は北極星☆彡
image
天に向かって咲く真紅のバラ🌹
image
ちょっとツーンとしたバラ
image
まだまだ歩いていきますよ。
image
夜空に浮かぶ薔薇~
image
暗闇に浮き上がるバラ

そして・・・
image
昼はこのような風景でしたが、
夜は・・・
image

どうですか水面に映った純白のバラは

ちなみに
image
キャンドルハート大切な人と見たいですね~。


岐阜の自然を満喫プラン

バラで一日満喫するのもOKですが、こんなプランもあります。

【午前:モネの池】
(岐阜県関市板取396番地)
 絶景の池があります。
 東海北陸自動車道「美濃IC」または東海環状自動車道「関広見IC」から車で30~40分。
 モネの池を詳しく知りたい方はココをタッチ。
 http://yokoyama.blog.jp/archives/6207061.html

【午後:花フェスタ記念公園】
(岐阜県可児市瀬田1584-1)
 絶景のバラ。
 東海環状自動車道「可児御嵩IC」から車で5分。

 
花フェスタ記念公園のホームページはココをタッチ。


アクセス
①花フェスタ記念公園

②モネの池