1月の絶景対決ですよ!新春対決するのは、①早咲き菜の花畑(滋賀県守山市)と②モネの池(岐阜県関市)です。どちらも実際にある絶景スポットです。みなさん、どちらを見てみたいですか?


1.「早咲き菜の花畑」(滋賀県守山市)
早咲き菜の花畑は、滋賀県守山市今浜町矢先の「第一なぎさ公園」で咲いています。菜の花というと、通常は2月~4月が見頃です。ところが、ここでは「サンザキナバナ」という早咲きの菜の花が咲きます。そのため、1月下旬~2月下旬あたりに見頃を迎えます。

しかし!今年は違うんです!
何がって?
そうです。暖冬なんです。そのため、1月上旬ですでに満開ーーー!

image
これどう見ても春の日ですよね。実は1月9日に撮影したんですよ!
image
どどーーーーんと菜の花その数は約12,000本。
image
遠くに見えるのが比良山です。雲がこちらに迫ってくるような迫力と、黄色い菜の花のコントラストが綺麗ですね

どんな花が咲いてるかって?
では菜の花にスポットをあててみましょう。
image
天に向かって、すくすくと伸びていく菜の花たち。
image
一輪の菜の花もパチリ。
image
この光景が見れるのは、2月まででしょうね。さあどうしますか?
決めるのはまだ早いですよ。次はモネの池です。


2.「モネの池」(岐阜県関市板取)
モネの池は、岐阜県関市板取396番地にある「根道神社」の脇にある池です。

が!この池がとんでもない池なんですよ!
どんな池かって?
こんな池です。

image
池の中で鯉が泳いでいます。絵ではありませんよ。1月に撮った写真です。
image
モネの池で、鯉たちが悠々と泳いでいます。気持ちよさそうですね。このような光景が、世界的な芸術家モネの連作絵画「睡蓮」に似ていると評判を呼んでいるのです。
image
モネの池は、湧水のため、水温が10℃以上に保たれています。そのため、冬でもモネの池では睡蓮の葉が枯れずに水面に浮かんでいます。
image
よーく見てくださいね。これ池ですから。
image
チュッ鯉が恋してますね。決定的瞬間ですね。
image
この光景が見れるのは、いつでもOK!でもね、春夏秋冬それぞれの季節で異なる光景を目の当たりにできます。
さて、この絶景対決。みなさんはどっちに行きたいですか?


アクセス
1.早咲き菜の花畑
場所:滋賀県守山市今浜町矢先 「第一なぎさ公園」
▶車でおでかけの場合
名神高速道路の「栗東IC」を出て約30分。
▶公共交通機関でおでかけの場合
(1)【電車】JR琵琶湖線「守山駅」下車して、バスに乗り換えます。
(2)【バス】ラフォーレ琵琶湖行きに乗車して、「第1なぎさ公園」下車すぐ。
▶お問い合わせ
077-582-1266 (守山市観光物産協会)



2.モネの池
場所:岐阜県関市板取396番地 「根道神社」の脇
▶車でおでかけの場合
(1)大阪、名古屋、東京方面からお越しの場合
・東海北陸自動車道の「関IC」を出て約60分。
・東海環状自動車道の「関広見IC」を出て約50分。
(2)北陸方面からお越しの場合
・東海北陸自動車道の「美濃IC」を出て約45分。

▶公共交通機関(バスしかありません)でおでかけの場合
(1)JR岐阜駅発の岐阜バス「岐阜板取線」乗車、終点「洞戸キウイプラザ」へ(ここまで約70分) 
(2)洞戸キウイプラザ発の板取ふれあいバスに乗車、「あじさい園前」を下車(ここまで約16分)
(3)あじさい園前から、徒歩1分で到着。
 ※ 板取ふれあいバス時刻表【平日用】 29.4.1改正
 ※ 板取ふれあいバス時刻表【土日祝日用】 29.4.1改正