昨秋から話題となった「モネの池」は岐阜県関市板取396番地にあります。「モネの池」は、もともとは「名もなき池」と呼ばれていましたが、その光景が芸術家モネの「睡蓮」に似ていることで話題を集め、いつしか「モネの池」になったとか。冬でも観光客が続々訪れる名所ですよ。1月に撮った写真を載せてみました。
image
※これが「モネの池」。絵画ではありません。実在する池ですよ。


「モネの池」を観光した後にピッタリの料理店
冬でも絶景「モネの池」を堪能した後、お食事をお考えの方にピッタリの料理店をご紹介しますね。
お店の名は「徳兵衛茶屋」(岐阜県関市板取5822-1)。「モネの池」から板取温泉方面へ車で約5分。国道256号線の道路沿いにあります。

image
青と白の看板が目印です。
image
徳兵衛茶屋の入り口です。古民家風で、昔ながらの和の雰囲気が出てますよ。

①店内の雰囲気を堪能
お店の中はこんな雰囲気です。

image
レトロな昭和を想起させますね。
image
ドーンと一枚板のテーブルもありますよ。

②窓から見える景色で堪能
このお店のオススメ席は、窓際の席!この窓から見える景色が、これまた「モネの池」に負けないくらいの絶景なんです。

image
山と岩に囲まれて流れる清流の板取川。ぜひこの景色を観賞しながら食事してほしいですね。ただし、全ての席で観れる訳ではないんです。ベストは入口を入って右側の座敷の窓際!

③料理で堪能
ここは、川魚料理や季節料理の専門店です。鮎、あまご、うなぎ、などなどのメニューがラインナップされています。

image
image
こちらがメニューです。川魚料理がメインです。ん〜迷いますね。私は、「あまご朴葉焼き定食」を注文。
image
わおー!七輪(?)に乗った朴葉焼きは迫力がありますよ。こういう演出も嬉しい
image
あまごが二匹。その上に、とろっとした自家製味噌がかかっています。
image
あまごの身は、ほろっとほぐれます。この身に野菜や味噌を添えて食べましょう。美味しいですよ
この景色と料理を堪能できるお店。都会では味わえませんよ。

店舗情報
店名:徳兵衛茶屋
場所:岐阜県関市板取5822-1
電話:0581-57-2440
営業時間:11:00~16:00
定休日:火曜日、第2第4水曜日
アクセス