白川郷合掌造り集落(岐阜県大野郡白川村)は、1995年12月にユネスコの世界分化遺産に登録されて20周年を迎えています。白川郷を訪れる年間観光客数は約150万人。そのうち外国人観光客が約21万人です。
そんな白川郷は、毎年1月~2月にかけて、期間限定で夜のライトアップをしています。


車で白川郷へ
大阪・京都、そして名古屋方面からですと、名神高速道路の一宮JCTから東海北陸自動車道に入り、「白川郷」インターへ向かいます。
途中、「ひるがの高原SA」で休憩。

image
正面に見えるのは「大日ヶ岳」(標高1,709m)です。うっすらと雪化粧して綺麗ですね
では白川郷へ車を進めていきます。


世界遺産の白川郷
東海北陸自動車道「白川郷」ICを下りて車で約5分。駐車場(有料500円)に車を停めて、そこからシャトルバスに乗車。数分で白川郷合掌集落に到着します。
image
おーー!合掌造りの古風な建物が!
image
小川が流れ、ここそこに立つ家々を見ていますと、別世界に飛び込んだような感覚を受けます。例年に比べて、雪は少ないですね。

image
では、展望台を目指します。この看板から展望台(山の頂上)まで徒歩で20分くらいかかります。上り坂になりますし、雪もあります。時間に余裕を持って、ゆっくり歩きましょうね。

頂上まで登り待つこと約40分。

image
こちらは点灯前の風景です。
17時30分、ついに点灯!
image

手前で大きな輝きを見せているのが「和田家」です。
頂上での観賞もそこそこに、次は近くで見てみます。

比較のため、まずはライトアップ前の和田家。
image
続いてライトアップされた和田家。
image
夜、ライトに照らされた合掌造りの和田家は、厳かな雰囲気を醸し出していますね。
この他にも、たくさんの家が照らされていますよ。
image
image
こちらでは、建物の横に、何やら明かりが見えますよね。
image
実は、雪の塊を彫り、そこにろうそくを立てているんです。心がホワッと暖まりますよ。
また、ある場所では・・・
image
ライトアップされた合掌造りの家々が、水のはった田に鏡のように映っています。
image
白川郷合掌造り集落のライトアップは、17:30~19:30の2時間です。温かい格好をして、夜の白川郷を堪能してください。

平成28年のライトアップ日程
⑥2月7日(日) 17:30~19:30
⑦2月14日(日) 17:30~19:30
※今年は、あと2回で終了です。


詳細情報
場所:岐阜県大野郡白川村荻町2495-3
電話:05769-6-1013
(電話受付時間:9:00~17:00)
ホームページ:http://www.shirakawa-go.gr.jp/top/

アクセス