モネの池に行ったあとに、あるいは行く前に、そばを食べたい方に耳よりな情報があります!
モネの池周辺には美味しいそば屋さんが幾つもあります。
が、モネの池から車で50分かけてでも行ってほしいお店があるんです。
そのお店は「助六(すけろく)(岐阜県関市本町8-27)」です。モネの池から南へ(関市市街地方面へ)車で約50分かかります。はい、決して近くはないです。
でも、せっかく岐阜県の関市まで来るのでしたら、助六さんに寄って特徴あるそばを食べてみてはいかがでしょうか。

モネの池
モネの池(岐阜県関市板取396番地)は、もう行ってみましたか?
モネの池ってこんな所です。
image
ここは「池」なんです。モネの池を鯉が泳いでいますね。
image
ちょうど、鯉たちが遊んでいました

※モネの池をもっと詳しく知りたい方はこちらへ↓↓
春・夏の「モネの池」(岐阜県関市)へマイカーで行く人は必見!

では、本題に戻りましょう

行列のできる「そば屋」

助六(すけろく)さんは、モネの池から南へ(関市市街地方面へ)車で約50分の岐阜県関市本町8-27にあります。
つい最近も、テレビの情報番組で放送された行列のできる人気店です。


image
こちらが、助六さんの店舗正面側です。奥に駐車場があり、10台ほど駐車できます。
ちなみに、写真では電信柱の辺りに木製のベンチが見えますよね。実は、お昼時になると、ズラ~~っと行列ができるんです。お店に近くなってくると座って待てるんです。それ位混みます。
入り口は、写真右端になります。


名物「円空なた切りそば」
助六さんのオススメは、そば
その中でも、イチオシは、円空なた切りそば(900円)
image
まず、そば麺を見て!なにこれー!愛知のきしめん、いやそれより幅広の麺を!
円空なた切りそばは、そばの世界では、まず見ることがない平打ち麺です。
薬味は、刻みネギ、大根おろし、そして・・・一番右は・・・
はい、田舎味噌です。味噌も薬味になっているんです。


①そばつゆにつけて
まずは、オーソドックスに、つゆにつけていただきます。
image
あのね、もっちり感がハンパないです。コシも強く、圧倒的な存在感がありますよ。
食べると、トゥルントゥルン
また、そばの香りも口から鼻へ抜けていきます。
つゆは麺の1/3程度つけるくらいにして、麺を噛みしめて味わいましょう。


②田舎味噌をつけて
次に、一番気になる田舎味噌をつけていただきます。
image
ん~そばと味噌、一体どうなんでしょう。
おっ!
あのね、あのね、そばと味噌が合うーーー
味噌といっても、そばに絶妙に合うよう、助六さんで仕込んだものなんです。
また、圧倒的な存在感を示す超幅広平打ち麺だからこそ、これまた主張の強い味噌と合うんですよ。


③塩をつけて
実は、塩もあるんです。(岩塩だったかな)
image
塩をちょっと振っていただきます。
そうしたら、そばの甘味が引き立ち、これも美味でしたね。
いろいろな味わい方があって、そばの“ひつまぶし”ですね。

最後は、めんつゆにそば湯を注いでグイっと飲んで、完食

助六さんからモネの池までは、車で約50分かかります。決して近くはありません。
でも、せっかく岐阜県関市まで行くなら、行列ができる関市の人気店に寄ってみてはいかがでしょうか。
おいしいですよ~


店舗情報
店名:助六
場所:岐阜県関市本町8-27
電話:0575-22-2526
営業時間:11:30~16:00

定休日:金曜日・不定休
駐車場:有り(店舗裏に10台) 
アクセス