私のなんでも日記

絶景ポイントや地域の観光名所、情報誌には載っていない美味しいグルメのこと、そして元気な企業のことなど、私なりの視点で感じた魅力を綴っていきます。

私のなんでも日記 イメージ画像

心が躍る名所

冬でも絶景を楽しめる「モネの池」(岐阜県関市)が、RETRIP(運営会社:㈱trippiece)による『死ぬまでに一度は見たい!思わず感動する日本国内の"神秘的な池"5選』 にランクインしました。しかも見出し画像も「モネの池」なんですよ! 以下は、RETRI
『モネの池(岐阜県関市)が『死ぬまでに一度は見たい!思わず感動する日本国内の“神秘的な池”5選』に選ばれましたよ。しかも見出し画像も「モネの池」!』の画像

冬はイルミネーションの季節!全国各地でたくさんのイベントを開催していますよね。私は、「国営木曽三川公園」(岐阜県海津市海津町油島255-3)に行ってきました。今年のテーマは「日本昔ばなし」ここでは、毎年テーマが変わります。今年のテーマは「日本昔ばなし」ですって
『「日本昔ばなし」のイルミネーションを見る時は、自撮り棒があると620円お得ですよ。(木曽三川公園:岐阜県海津市)』の画像

“関の刃物”として知られる全国有数の刃物の産地である岐阜県関市。ここは、実は日本一の名刀の産地でもあるんです。刀を作る際の「刀鍛冶」により、刀の切れ味や耐久性が決まります。岐阜県関市では、独特の方法により、切れ味バツグンの刀を作ることに成功しました。その
『火花がほとばしる!古式日本刀鍛錬は1年に5回見ることができますよ。刀好きにはたまりませんね。(関鍛冶伝承館:岐阜県関市)』の画像

平成28年になりました1月はお正月に「モネの池」(岐阜県関市板取396番地)へ行ってきましたよ。季節は真冬ですが、雪は全くありません。1月中旬頃までの天気予報では、雪の心配はなさそうです。が、1月中旬以降は大寒波が日本列島を覆ってしまうため、初雪か積雪の可能性が
『お正月の「モネの池」(岐阜県関市板取)は雪が無くて穏やかですね。これは都会では味わえないですね。』の画像

岐阜県関市板取にある和食屋さん「味女(あじめ)」。関市板取と言えば、「モネの池」が有名になりましたよね。この冬にモネの池に行った後は、味女で食事してみるのもいいと思います。岐阜県関市板取のある朝の風景ある冬の朝、岐阜県関市板取に来たら、こんな風景。 これ
『この冬、グツグツの鍋付き和定食を食べて温まりましょう。(食事処「味女」:岐阜県関市板取)』の画像

冬の「モネの池」(岐阜県関市板取)へ行ったら、ちょっとケーキ屋さんに寄ってみませんか?関市板取で唯一のケーキ屋さん 関市板取の「モネの池」近くの飲食店って、和食が多くて、スイーツ系のお店は、ほとんどありません。 さらに、ケーキがあるお店を探すのは至難の業で
『冬の「モネの池」に行ったら、関市板取で唯一のケーキ屋はいかが。そこは優しいお店だったんです。(niwa:岐阜県関市)』の画像

寒い冬には、イルミネーションで暖まりましょ♪以前、「中学校なのに巨大イルミネーションツリーがある」内容のブログをアップしていました。そうしたら今度は、図書館にエレガントなイルミネーションを発見!場所は、「みんなの森 ぎふメディアコスモス」(岐阜市司町40番
『綺麗!図書館のイルミネーションが純白でエレガント。(岐阜市・みんなの森ぎふメディアコスモス)』の画像

冬になるとあちらこちらで見るようになるイルミネーション。それが、ちょっと変わった場所にあるんです。その場所は、小金田中学校(岐阜県関市小屋名127番地) です。学校は昼が活動時間だと思ってました。夜に学校? まっちょっと電飾を施した程度でしょうね。たぶん・
『圧巻の高さ25m!関市の中学校で冬の巨大イルミネーションツリーが見れますよ。クリスマスにいかがですか☆(岐阜県関市・小金田中学校)』の画像

こんにちは、あっきーです今や全国的に有名になった、五郎丸歩選手と同じポーズをした仏像は、岐阜県関市の関善光寺に祀ってあります。 この秋冬に五郎丸ポーズの仏像を拝む5つのポイント+αをお伝えします。 ①善光寺の紅葉もお見逃しなく!駐車場に車を停め、善光寺山公園
『五郎丸ポーズの仏像をこの秋冬に拝む5つのポイント+α(岐阜県関市・関善光寺)』の画像

全国イルミネーションランキング3年連続第1位!フジテレビ「めざましテレビ」でも放送された、イルミネーションの名所が「なばなの里」(三重県桑名市長島町駒江270番地)です。夜は壮大なイルミネーションを堪能!なばなの里に入り、園内の奥を目指して歩いていくと、「光
『なばなの里のイルミネーションは、昼から見るべし!』の画像

あなたなら、どっちを見に行ってみたいですか? ①「モネの池」(岐阜県関市板取) ※これ絵画ではありません。私が撮った写真です。 ②「逆さもみじ」(岐阜県土岐市曽木)※これ雑誌ではありません。私が撮った写真です。 さて、どっちに行きますか? ちなみに、僕ならこ
『絶景対決!「モネの池(岐阜県関市)」 VS 「逆さもみじ(岐阜県土岐市)」どちらも綺麗ですよ。』の画像

11月12日の岐阜新聞朝刊に、中小企業支援機関「関市ビジネス支援機構」の設立に関する記事が掲載されていました。そして、来年度には産業支援拠点として「関市ビジネスサポートセンターSeki-Biz」をオープンすると。 この支援機関は、関市が、"行列のできる経営相談所として
『Seki-Biz(関市ビジネスサポートセンター)が立ち上がりそうです。』の画像

これがモネの池!最近テレビでも取り上げられるようになった、岐阜県関市の「モネの池」。 場所は、 根道神社 (〒501-2901 岐阜県関市板取396番地)の鳥居のすぐ脇にあります。   ※岐阜県関市板取448番地 ⇒ 岐阜県関市板取396番地 たくさんの車が駐車していますので、神
『岐阜県関市の「モネの池」は絶景!これは都会では味わえないですね。』の画像

10月24日(土)、東京から岐阜県関市を訪れた知人を連れて洞戸へGO! 目指したのは、お友達で日本人唯一の元パルマハム職人多田昌豊さんが関市に設立した工房 BON DABON(ボンダボン) 。 この真ん中の人が、多田昌豊さんです。 多田さんは、日本人唯一の職人であ
『日本で最高の生ハム“ペルシュウ”を食う!〜日本人唯一のパルマハム職人多田昌豊さんとのトークを添えて〜』の画像

↑このページのトップヘ